BOSCO FICUZZA BIO

ボスコ・フィクッツァ・ビオ

Bosco Ficuzza Komorebi Trading

有機農場ボスコ・フィクッツァ社は、シチリア州の首都であるパレルモ県内のチェルダ市を拠点とし、マドニー山脈の斜面に位置しています。

200メートルの標高に、ペロとカンナティーノの2つの丘の間に位置し、イメーラ川に向かって穏やかに接しています。農場は、オリーブの木の栽培に最適な北西海岸から15キロ離れています。オリーブの木は、ヒメーラの古代都市の考古遺跡と近くの博物館によって証明されているように、早くも2500年前にギリシャ人によってこの領土に植えられました。

有機農場ボスコフィクッツァ社は約100ヘクタールをカバーし、そのうちの72がオリーブ畑、8が野菜畑、残りの20が生物多様性と地中海灌木地帯になります。

農場ではパテ、アーティチョーク、トマトピューレ、レトルトソース、アーティチョーク及びナスのカカポナータ、ジャムなどが作られ、瓶詰めされます。地方ならではの古代レシピによる調理方法を使い、エクストラバージンオリーブオイルや色々な野菜が国際的な基準に準拠していることを保証する有機栽培の方法に慎重に従って、製品が産まれます。

有機農場ボスコ・フィクッツァ社の100ヘクタールのうち、72はオリーブ畑専用になっており、ビアンコリッラ、パッスルナーラ、ノチェッラーラ、ジャラッファ、チェラーソラなど、さまざまな品種のオリーブの木が約14,000本あります。抽出された油の異なる種類の適切な組み合わせ(ブレンド)は、顧客のそれぞれのニーズを満たし、感覚特性と香りの一貫性を長期間確保することができます。樹木の年齢は3歳から700~800歳まで。その存在のお陰様で、古代歴史の雰囲気を満喫できます。同社はトゲ付きアーティチョーク、ローマアーティチョーク、トゲ付き紫アーティチョーク、青アスパラガス、玉ねぎなども育てています。言うまでもなく、何から何まで有機栽培です。

欧州が制定しているReg Cee 834/2007条約は生物学的栽培方法に関する法律で、自然そのものを尊重して、安全性の保障された生産を確保することを目的としています。その為、イタリア政府の農業庁及び各州の機関に所属する詐欺抑圧局がチェックシステムを通じて、定期的に検査を実施しています。

更に厳格な検査員となっているのは、誠意を持って働いている、会社自身の従業員たちです。常に信頼性が損なわないように、製品の検査に専念しています。

有機栽培はライフスタイルでもあると言っても過言ではありません。植物が健康にゆっくりと成長するまで待って、丁寧に加工し、最終的に高品質な製品に変えることが何よりも、自然と協和に生きている証拠です。

コモレビトレーディングは、常に卓越した新しい食品を提供することで、自然と消費者を尊重し、より健康的で自然に身近な生き方を皆様に勧めています。その為、有機農場ボスコ・フィクッツァ社の製品を選択し、独占契約の下でに日本に輸入しています。是非、イタリア職人が贈る最高の食文化を日本の食卓へ!

詳細については、専用のウェブサイトsiciliangift.jpでご確認いただけます。